2016年11月11日

同僚の誕生日

先日、同僚が40歳になりました。

アメリカでは40歳の誕生日を盛大にお祝いしますよね。

今回は、ボスの指示でオフィスで働く数人で同僚のキュービクルを黒に飾りました。

やりすぎでしょうか?テーマが黒なので彼女のデスクの上だけ電気を切りました。

切り紙で花を作りましたが、同僚たちに好評でした。

Cubicle.png


たまにはこういうのもいいですね。

会社では、オフィスで働く人たちの誕生日カレンダーがレストルームに貼ってあります。

誕生日の日には、ケーキでお祝いする時もあれば、ピザで祝うときもあり、みんなでレストランへいく事もあります。

私は、個人的に誕生日の同僚のデスクを飾るようにしていますが、ボスの指示でしかもここまで大々的に飾ったのは初めてです。

ランチは、イタリアンレストランへ連れてってもらいました。

楽しめました。楽しかったです。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 11:18| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

会社のクレジットカード

元同僚が辞めてから、私用の会社のクレジットカードを作ってもらいました。

クレジットカードを持っているから、私が消耗品の注文を引き継ぎました。

でも、考えてみると会社の11人中9人が会社のクレカを持っています。

みんなそれぞれの仕事でクレカが必要でこの人はこういう用途にクレカを使うと大体決まっています。

AさんBさんのクレカに車関係の支払いがあっても、消耗品費の支払いはないはずで、

BさんDさんのクレカに外食やお花などの支払いがあっても、消耗品費の支払いはなく、、、という感じです。


今日、突然ランチミーティングが入り、ランチは会社が用意してくれることになりました。

会社が用意=私たちが用意、するもので昨年まではその辞めていった同僚がしていました。

彼女がいなくなってからは、もっぱら配達してくれるところに注文をかけていたのでなんとも感じなかったのですが、今日は配達をしないレストランに注文をしたため取りに行くことになりました。

ボスたちは常に忙しいので従業員用のランチをわざわざレストランへ取りにはいきません。

従業員一人ずつ食べたいものの注文を取ってオーダーしてくれる人は別にいる。

でも、その人は会社のクレカを持ってないので取りにはいけません。

そうなると、クレカを持っている人でオフィスにいる人、仕事内容的に考えて少人数の会社なので他がいない。

そう、私。

ここで気が付いたのがこういう仕事は私が担当になる。

ミーティング用にランチを取りに行くのも自然と私の仕事となっていた、と彼女が辞めて半年以上経って気が付きました。

小さな会社だから、、、なんでもありな仕事です。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 12:08| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

感謝されない、自己満足の仕事

昨年同僚が辞め、彼女の仕事をいくつか引き継ぎました。

その中でオフィスの消耗品発注の仕事があります。

小さな会社なので私は3つのデパートメント掛け持ちとこの消耗品発注の仕事をしています。

今日はこの仕事のことを書きます。

私の仕事全体の中で3%ぐらいの割合に当たります。

オフィスにいるのは10人ぐらい、他の従業員は別の場所で働いています。

この10人ぐらいのために、私はコピー用紙、トナー、文房具とコーヒーやスナック類をStaplesやSam's Clubで発注しています。

前の担当者はいつも何か品切れさせてて注意をすれば言い訳が返ってくる状態でした。

同僚たちは、在庫がそろっていて当たり前と思っているので、まったく感謝されないですが在庫を切らさないよう定期的にチェックしています。

特に、スナック類を選ぶのが難しい。

みんな好みが違うので、みんなが好きな食べ物がほとんどない。

どれでもいいのではなく小袋になっているものに限ります。

あれを買えば誰かが嫌だというし、これを買えば別の人が食べれないという。

みんながおいしいと認めたバーを毎回買っていると飽きるらしくこれもクレームが入る。(おいしいって絶賛してたのにー)

4種類ぐらいをバスケットに出しておくと種類が少なく文句がでて、種類が多いと買いすぎとなる。

前の担当者の時はみんなの好みを買っていたし、フルーツもヨーグルトもアイスもガムも買っていたのでミーティングでスナックについて注意があり買いすぎは私としては避けたいところ。

4,5種類のスナックがバスケットに並んでいた時、「ナッツ系ばかりで私はどれも食べれないのよ〜」と言われ。(はい?)

みんなが食べるだろうスナック、そればかりを考えていたのに、、、それもダメで。

買う前に意見を聞こうとオンラインで商品を見せると、「ドライフルーツはダメなの」「小袋にわかれたスクッカーがいい、でもクリームが挟んであるものは食べない」とかとにかくみんなに好みを聞くとまとまらい。

ハーフアンドハーフと思って買って来たら実はパッケージが酷似のミルクだったのでクレーム(ごめんね?)、レギュラーのハーフアンドハーフがなかったのでファットフリーにしたら「ミルクみたいにしゃびしゃびね」と言われ。(嫌なら使うな)

フレーバー付きのスパークリングウォーターを買えば、甘いソーダじゃない、不味いと文句もでる。(飲む前に缶を読めよ)

バニラ味のコーヒーを買えばまずいと言って作ってすぐ捨ててたり。(もったいない)

レギュラーのハーフアンドハーフばかりを買っているとフレーバー付きのも欲しいと要望がでたり。

同僚は私がスナックを買っていると知っているので、数人は「こんなのがおいしいから買ってきて」と見せて教えてくれる。

でも、みんなが食べなさそうだと買うわけでもなく。

兎に角、スナック選びが難しい。

私自身、チャレンジャーじゃないので新しい商品は買わない方。だから、余計に何がおいしいのか知りません。

毎回、これなら喜ぶだろうと思って買っているし、品切れをしないように補充しているのに、まったく感謝されません。

私の勤めている会社は米系でも日系でもない。

同僚はアメリカ人じゃないけどアメリカに住んでいるからか?みんな自分勝手に思えます。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

posted by 未来 at 10:37| Comment(4) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする