2019年11月30日

2019年のブラックフライデーの買い物

アメリカ在住の皆さん、ブラックフライデーのお買い物はどうでしたか?

今年は、娘が大学生になって初めての年、いつもと違いを感じています。

アメリカへ来て数年してからブラックフライデーのことを知り、当時は朝5時ぐらいからお店があいていたので、開店に間に合うように元旦那と娘の3人で並んでいました。

離婚してからは、ブラックフライデーは元旦那と3人で買い物へ出かけ、娘の欲しいものを元旦那と私でクリスマスプレゼントとして買っていた。

今年のクリスマスプレゼントは何が欲しいと聞くと、香水ぐらいで後は欲しいものがない、と。

娘に欲しいものがたくさんないなんて、今までなかったので驚いています。

今年のサンクスギビングは、留学生2人を連れて、グランパグランマのところへ。

留学生にアメリカのサンクスギビング体験させてあげるプログラムに登録したらしい。

私は、離婚してからは一人で日本食を楽しんでいます。

私の住む地域では、4、5年ぐらい前からサンクスギビングの当日からモールがオープンするようになりました。

サンクスギビングにモールへやってくる人は年々増えていますが、買い物に来るのは断然外国人が多いですね。

今年は、娘の要望により地元のモールへ行き、娘はそれだけで満足だと。

娘らしくない。。。。

夜の10時ごろにアパートへ戻り、娘は大学のグループの友達と過ごすと出かけていきました。

私は、全然買い足りないので一人でアウトレットへ行き、夜中2時ごろ帰ってきました。

ここは木曜日の夜6時にオープンして閉店が金曜日の夜だそうで、オールナイトで夜中の12時を過ぎてもすごい人混みでした。

60%割引のお店が多く、クリアランス商品も60%割引してくれるところもあり、セールが大きくて、たくさんの衣類を買うことができ満足です。

本当は、金曜日にはさらに別のアウトレットへ行くつもりだったけど、娘は欲しいものがないから勉強すると、そして夕方からは友達と予定があるから買い物には行かない、と。

私は一人でも行くつもりだったけど、すでにたくさん買っているので諦めました。

ブラックフライデーに大人しく家にいるなんてことずっとなかったので、損している気がして身体がうずうずしていましたが我慢。

今までは、娘の気持ちを満たすために、クリスマスには欲しいものを買ってあげていた。

今年は、娘の物欲が減り、私に自分のものを買えばいいと言ってくれて、なんだか娘の心の成長を感じました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 11:41| Comment(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: