2018年10月14日

大学の出願と大学費のこと

大学の出願の時期に入りました。

現時点で6校中、5校にアプライし、すでに1校から合格通知が届きました。

まず、アプリケーションフィーですが、6校中どこも一校50ドルから85ドルの間でした。

この費用は、元旦那と娘で折半しています。

娘はエッセイコンクールの賞金を使っています。

娘が小さい時、結婚していた時から元旦那は、「大学は受けたいだけ受けてもいい、僕が出してあげるから」と言っていました。

あれだけ豪語していたのに、実際100%ださないところが元旦那だなと思いました。

6校のうち3校は州内、3校は州外、そのうち1校のみ私立です。

6校のうち5校は見学していますが、1校はまだで、ここは飛行機に乗っていく必要があります。

年が明けて、そこへ行く確立が高くなったら見学に連れてってほしいと言われています。

元旦那が連れてってくれるといいのですが、彼の性格上、もしかすると私が連れていくことになるかもしれません。

大学の奨学金にもアプライしていますが一般の奨学金にもアプライしました。

娘のドリームスクールとはインタビューも終えています。

来月アプライする私立の大学はSAT Subject Testsのスコアも必要で、娘はすでにEnglishとHistoryを受けていて、来月Japaneseを受けるようです。

6校のうち4校にはHoners CollegeまたはHonors Programにアプライしています。

大学の合否がわかってから、Honors Collegeの合否も待ち、さらに奨学金の金額がわかってから自費がわかるので、それから大学を選ぶことになりそうです。そのため、来年の3月に大学を決めると思います。



大学費用のこと、まだはっきり娘と話していませんが、昔から出す意思はないことは伝えています。

娘、お小遣いとかもらったお金やバイト代とか貯めているので、何に使うの?と聞くと、「大学のために貯めているのよ!ママが大学費ださないから!」と怒り口調で答えます。

大学のためにお金を貯めているため、欲しいものもほとんど自分で買わず、誕生日かクリスマスまで待っていますし、最近では、自分で出す友達との外食はどんどん回数を減らしていて、私に出させる外食が増えてきています。

娘の大学選択が近づくにつれて、近いうちに学費のことを話さないといけないと思っています。

何度も書いていますが、私は日本で大学へ行っていない。

主婦だった時に、アメリカでコミカレから4大へ編入し学生時代に離婚しています。そのあと生活費を学生ローンに頼り卒業しています。

学費は、アメリカ政府の助けと自分で学生ローンを組み、今でも学生ローンを返しながら生活しています。

私の周りには、親に学費を出してもらってその学位をフル活用せずに暮らしている人が圧倒的に多い。

今の生活があるのは、自分で学生ローンを返していかないといけない、働いて生活費を稼ぐ必要があること、娘を養っていかなくてはいけない、娘にみすぼらしい生活はさせたくないという思いから責任を感じているからではないかと思う。

娘には私と同じ苦労はさせたくないと思っている。

でも、だからと言って甘えてもらっては困る。

経済的に頼られても、私は困る。

学位を取って、それを活かして職を得て、その後の人生を歩んでもらいたい。

娘の生活をそばでみて、ずっと大学費のことも考えていて、それで今思うのは、

やっぱり、出してあげるとは言えない。

娘には元義父が貯めてくれている529 Planがある。元旦那は娘の大学費を助けると言っている。きっと、どこかの奨学金もいただけるはず。

学生ローンを組んでも、そんなに大きな金額にはならないと思っている。

娘にとりあえず足りない分は学生ローンを組ませて、一年一年を終えてからまたは卒業してからローンの支払いをできる範囲で助けてあげたいと思っています。

それまでに、自分の学生ローンを払い終え、自分の老後のため401K捻出を引き上げてから、娘の学費のために貯めていきます。


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 22:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: