2018年08月10日

40歳での健康診断その二

血圧の話からです。

血圧が高かったので毎日血圧を測るようにすすめられました。

毎日血圧を測りに行くのが面倒でそこに反応すると、ドクターにオムロンの血圧計を買ってはどうかと提案されました。

いくらぐらいするものか聞くと、だいたい50ドルぐらい、と。

50ドルなら買える範囲内。気持ちがすぐ傾きました。

大好きなAmazonでどんなものがいくらぐらいするのかチェックをしてから、その日から使うためには近所のWalmartやTargetで買う必要があり値段を比べました。

ある程度決めてからいったのですが、買いたかったシリーズがなくて、Amazonよりも10ドル以上も多く払うのは許せないので、5ドル引きのクーポンがついている手首で測る血圧計を買いました。

Omron.jpeg


手首で測るなんて、精確な数字がでないのではないかと思ったけど、Reviewが結構よかったのでこれにしました。

マジックテープの取り外しが楽です。小型で軽く持ち運びできるのも気に入りました。

ちょっと高かったけどこれにしてよかったと思います。

今のところ、正常な数値の時もあるけど、全体的に下の血圧が高いようです。

食事でよくなりたい。

薬を飲まずに正常にしたいです。



翌日、採血してもらいにクリニックへ行きました。

私が予約の電話をした時、あのミステリーな受付は、クリニックで採血しないからLabへ行ってもらうことになること、そして私が持っている保険でカバーされるLab1を使っているといいました。保険でカバーされるからこそ、ここで予約したのです。


採血は、そのクリニックでしていました。

採血してくれる人に、LabはLab1を使ってねと言うと、うちはLabXを使っていると。

焦りました。

電話したときに受付がLab1を使うというからここに来ているんだから、私の保険でカバーされるLab1を使ってほしいというと、OKといってくれました。

不安だったので、再度受付に座っているナースに、私の保険はLabXをカバーしないこと、あの受付がLab1を使うって言ってたからLab1を使うようにと念を押したら、そのオフィスにいた3人がドン引きしていました。嫌な患者と思われた瞬間です。

でも、ここは譲れない。Lab1を使ってくれないと、このクリニックへきた意味がない。

メディカルビルが高いから、Lab1使ってね〜と言って去りました。

請求書が来ないことを祈ります。

それにしても、あのミステリーな受付は嘘ばっかり。推測ですが、同じドクターの受付だけど別のクリニックで働いているのではないかなぁ。たまたま常勤の人が休みで変わりに入っていたとか?見習いという感じは一切しなかったし、ドクターの名前の発音を聞いた時も慣れているように教えてくれたから。Labの名前もすぐでてきてそのクリニックをよく知っている感じがしていました。

採血の結果は最大2週間でわかるようです。アカウントを作ったので、結果はそちらでみえると思いますし、たぶん郵送されると思います。これで長年知りたかった健康状態がわかります。



にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 12:42| Comment(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: