2018年06月20日

車のタイヤ空気

結婚していたころは、元旦那がタイヤの空気を入れてくれ、私はキャップの開け閉めを助けるぐらいでした。

離婚してからは、一度自分でいれました。娘が乗っている車を買ってからは、タイヤのアライメント調節やローテーションをお願いした時に空気も入れてもらっていたので、自分でする必要はほとんどなかったです。一度だけ、元旦那にしてもらったことがあります。

タイヤに空気を入れること、結構難しくって嫌いです。

先月買った私用の車は、新車です。

ロードトリップをしたので、もうすぐ3000マイルになります。

それでもまだ新車、なのに仕事の帰り、車に乗ったらランプが付きました。

タイヤの空気が低い、と。

新車なのに、ショック。。。。

ディーラーに持っていこうか、ガスステーションで空気入れようか、どうしようか悩みましたがとりあえずショックすぎて家に帰りました。

誰かに空気入れを頼みたい。。。元旦那はOut of Town、同僚たちは忙しい、近くに男友達がいない、頼める人がいません。

女一人ってこういう時辛い。。。と思いながら一人でなんとかしなきゃと言い聞かせ。

その夜は、YouTubeで空気の入れ方を見て心構えしました。空気入れの方法、久々だったので忘れていました。

なんとかできそうだったので、今日の朝ガスステーションによって空気を入れてきました。

空気入れの機械は、25セントが4枚必要です。なかったのでキャッシャーに両替してもらいました。

昨日の夕方の時点では、どのタイヤの空気が減っているかわからなかったのに、ガスステーションでタイヤを見たら一つだけかなりフラットでした。

空気をチェックする棒で調べてみると0でした。

嫌な予感。。。

とりあえず、空気を入れランプは消えました。

会社へ行ってからも外に出てタイヤ空気のチェック。

もしフラットだったらどうしよう。。。ディーラーにもっていくべきか、それとも高くつくなら別のところへ持っていくべきか、どうしよう。。。

とりあえず、空気が抜けてないのでそのまま帰ってきましたが、もしまたランプが付いたら今度こそディーラーへもっていこうと思います。

車の不調が大嫌い。

アメリカ生活ではマイカーがいつも古かったのでいまに止まるのではないかとずっと不安だった。

やっと新しい車を買ったのに、また?

もういっきに車への不信感が。。。あーやだやだ。

新車なのに。。。運が悪いのか?なぜでしょう?



にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

posted by 未来 at 11:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: