2018年06月03日

マーチングバンドの費用

娘のマーチングバンドの費用ですが、9年生の時は約900ドル、10年生では少し値上げして950ドルぐらい、11年生では約1000ドルかかり、12年生では1100ドルほどかかります。

これらは一括払いではなく、春から12月にかけて月払いになります。

9年生と10年生の時は、元旦那と半分ずつ負担して支払っていましたが、11年生の今は元旦那が娘の送迎をできないので全額だしてくれました。来年度の支払いも始まっていて、娘の車関係の負担を私がするから元旦那は相変わらず送迎がいらない、だからマーチングバンドの費用を残額支払ってほしいとお願いしました。

元旦那、だしてくれるようですが経済的に余裕があるわけではないようです。

そこでマーチングバンドの費用を稼ぐ仕組みがいくつかあるので利用しました。

私たちがしたのは、サッカー場の売店での販売員。

レジやジュースを入れたり、でてきた食べ物を渡す売店での窓口の仕事があり、これをすると1回一人につき20ドルが娘のマーチングバンドのアカウントへ加算されます。12歳以上ならOKでマーチャーの家族や友達も参加できる仕事です。

元旦那、娘、私の3人で参加すれば60ドルが稼げることになり、賃金を受け取らず、その金額が娘のアカウントへ行きます。

昨夜、娘はマーチングバンドのリーダシップミーティングで留守だったため、元旦那と私で参加してきました。

娘抜きの2人ってちょっと。。。と躊躇しましたが一晩で40ドル稼げると思うと大きいですし。

2週間後には3人で参加予定です。次回60ドル稼げるので今月は100ドルになります。大きいですよね。


私あまり売店で買い物しないのでこの仕事を甘く見ていました。

初めにその売店の従業員さんが、天気が不安定なのとチケットの売り上げがあまりよくなかったからきっと暇なはずといっていましたが大間違い、ゲートが開いてからずーーーーと忙しかったです。

こんなにも人が食べ物や飲み物を買いに来るものだと知りませんでした。

アメリカでレジの仕事なんて初めてで、てんてこまいでした。隣でドリンク担当してくれていた生徒、後ろでアルコール担当の元旦那にも助けてもらいなんとかできましたが、すごく疲れました。

値段設定が私としては高いと思うのですが、元旦那は安い方と言っていました。

コンボ(メインミール、サイド、ドリンクのセット)は10ドルで安いほうというのはわかる。フレンチフライやナチョスが各5ドル、プレッソが4ドル、ソーダ類3ドル、16オンス(473ml)ビールの缶が7ドルしましたが、よく売れていました。

仕事の後、食事をいただけたのですが元旦那がこの仕事で40ドルもらえて食事ももらえるのはいいなぁ〜とかなり喜んでいました。

次回は娘も来るし、参加する人数も多いので、今回よりは楽であってほしい。



娘に対して、元旦那もできる限りのことをしてくれているのでそこに感謝して娘のために協力していきます。


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

posted by 未来 at 23:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: