2018年05月30日

娘が賞をとりました

高校でSenior Awards Nightがあり、娘はシニアの子たちがScholarshipを取った表彰を見てきました。

シニアで12人がFull Scholarshipをもらったようです。すごい。

生徒が作っている高校の新聞には、シニアの子たちの進学先がリストになって記載されていました。

シニアの子たちが、進学先の大学シャツを着てくる日もありました。

そういうのを見て、刺激を受けているのは確かのようです。

少し前まで、娘がアプライする大学はかなり絞れてきていましたが、最近はアプライしたい大学も増えてきて悩んでいるようです。


去年見学に行った他州の大学、娘はアプライしたいと思っています。そのためには、SAT Subject Testも受ける必要があるとわかり経済的理由からその大学にアプライすることを一旦は諦めていました。

諦められなかったようでエッセイコンテストを受けるからそれで賞を取ったら賞金がもらえるから、その賞金を使ってSAT Subject Testを受けたいと娘から言われました。

そのやる気と気持ちがとてもうれしかったです。

エッセイの締め切りまじかに応募すると決めたようで、州のある機関に、関心ごとをエッセイに書いて応募していました。

娘から連絡があり、一位ではなかったけど、三位で当選したと。

賞金として$250ドルいただけるようです。

娘がやると決めたことが叶ってうれしい。

娘のエッセイは州のあるところに記載されるようです。

一体何を書いたのか、興味津々読ませてもらいました。

州内で問題のゴミ処理、資源、労働関係の内容でした。前から環境、資源、ビジネスに興味があるとは言っていましたが、具体的に何に興味があるのかは知りませんでした。でも、このエッセイを読む限り経済に興味をもってることを知ることができました。

シニアになったら、ミクロエコノミックスのクラスを受ける予定です。経済のクラスを取るときは、マクロから取りマクロを習ってミクロを学んだほうが経済を理解しやすいと経験上感じたのですが、娘に説明しても断固私はミクロに興味を持ってるからミクロを先に受けたいと言っていました。そういう一言一言がこのエッセイを読んで繋がりました。

娘、あっぱれだよ。よくやった。



にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村





posted by 未来 at 11:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: