2015年08月31日

8月第五週の食費

今回は、今回も、予算をオーバーしました。

今週必要の無いものまで買いすぎました。

先週買ったものがまだ残っている。

こんなにも買う必要なかったのに、、、と予算を超えたことがはっきりしてから思うのです。

商品をカゴに入れている間は、もしかするとオーバーするかなぁ、程度。

これがいけません、ね。。。

買ったものはこちら、

Walmartでトイレットペーパー、サブマリーンサンドイッチ、料理用レモンジュース、ソーセージ、缶のパイナップル、ピザソース、チーズ、チップス、タコスのシーズニングなどを購入し19.67ドル。

地元スーパーで、水、スイカ、ドーナツ、イングリッシュマフィン、マフィンの素、豚ミンチ、丸いソーセージ、バナナ、ピーマン、ブロッコリー、キュウリ、ズッキーニ、スナップエンドウ、酢、ポン酢、パスタソースを購入し39.72ドル。

合わせて59.39ドルでした。

Walmartに金曜日の夕方、仕事帰りに寄ったところ、サブが値引きされていました。
サブに3ドル以上も出すのは抵抗があるけど、2ドル以内だったので飛びつきました。

一人の時、たまにはいいかも。

9月から予算を50ドルに変更します。自分に厳しくしないとどんどん甘えてしまうようなので。

それに、昨年に比べると外食もしている、その分は食費に入れないので、食費を少し削ることにします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
posted by 未来 at 00:50| Comment(0) | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

娘のエッセイ

高校生になった娘、英語のクラスで自分についてエッセイを書く、という宿題が出ました。

私の場合、エッセイもサマリーも書くこと全般に苦手ですが、娘はすらすら書いていました。

私の大学時代、すごく苦労していたのでどうも比べてしまいます。子供の頃、本をたくさん読んでもっと勉強するんだったと大人になって後悔しているからだと思います。

書き終わったエッセイを娘が読んでいいというので読ませてもらいました。

驚きというかショックを受けたのが、娘のエッセイには、「My Father」の出番が多い。

お父さんは○○が好きだから私も、、、お父さんは△△の専攻だったから私たちは、、、みたいな書き方が多かった。

それに比べ、「My Mother」という言葉は一度でてきただけだった。

お母さんが日本へ連れて行ってくれて、、、というくだり。

確かに、元旦那の方が娘に影響を与えたかもしれない、2人でたくさん過ごしたかもしれない、娘の幼少時代、私は学生だったからいつも勉強していた。

だからなのかぁ。。。。



その他に、教会のユースグループで出かけた過去のサマーキャンプのことが楽しかったと書かれていてユースメンバーとはきょうだいのように仲がいい、と書かれていました。私は教会関係はノータッチで金銭的にも労力もまったくではないけど基本的に負担しません。元旦那が娘を行かせたいから彼が支払ったり送り迎えの世話をしていたんですが、罪悪感が湧いて来ました。


気にすることないのでしょうが、娘のエッセイ読んで軽くショックを受けました。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 23:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

いい方向へ転がるはず

入社した時、私に仕事を教えてくれた同僚、だけど、仕事ができないので彼女に対して何度も怒りぶつかってきた。

いつも言いワケするし、記憶が異常に悪いので最近はできる限り関わらないようにしてきた。

その同僚が、来月他州へ引越しすることになり会社を辞めることになった。

小さな会社なので、彼女も3つの部署を掛け持ちしている。

会社は代わりの人を入れる予定だけど、すべての仕事は引き継がせないようにするらしい。

私と関わっている部署の仕事と会社のオフィスサプライを発注する仕事など、彼女が受け持っていた1/3ぐらいの仕事量を私が引き継ぐことになりました。

消耗品の発注なんて、私でなくても、、、なんて思う仕事内容もありますが、今は他にできる人がいないので一旦とりあえず私が引き受けることになった。

もし引き継いだ仕事をすべてまわせることができたなら、その時はボスに昇給の話を持っていきます。今は、すべてできるかどうかわからないのでとりあえず引き継ぐだけ。

仕事が増えるからとても忙しくなるのですが、何が嫌かというと、仕事のできない彼女からの引継ぎは、向こうからこれとあれと、と説明があるのではなく、こっちから何を引き継がなくてはいけないのかを細かく指示しなくてはいけないこと。○○の担当者をリストにしてほしいというと、向こうは嫌なものだからとことんできない言い訳を並べる。リストは作れないがメールの転送するから、数百通のEmailから一つ一つ情報を探せという。本当にふざけてる。

これで彼女と関わるのも最後、そう思うと仕事が増えることは嫌ではない。

解雇ではなく、彼女にとっては再出発の門出、本人も新しい生活を楽しみにしている、こういう形で彼女が辞めていくことはとてもうれしい。

これからまた忙しくなる。

そしてオフィスに新しい人がやってくる。

今回のオフィスの変化はとても楽しみです。


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



posted by 未来 at 09:24| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする