2020年08月03日

バケーション

8月、Gさんと一緒に過ごすため、有給をとっています。

Gさんは私の倍有給があるので少し長めにとって、私は2日間のみ。

コロナ禍の今、どこへ行けるのかずっと決められなかったので、やっぱり家でゆっくりしようととりあえず決めていた。


先月、Gさんの娘Nと会い、バケーションで一緒に過ごせたらいいねって話をし、Nが有給とれるか聞いてみる、というところで終わっていた。

もし、有給とれたらどうしようかってなんとなくは考えていたけど、どこへ行きたいのかよくわからなかったのでとりあえず一緒に過ごせたらいいなと思っていた。

そしたら、有給が取れたと連絡があり、湖かビーチへ行こうって話になり、Nにはボーイフレンドがいてその彼に子供が2人いることは聞いていたけど、彼らも一緒だということまで分かった。

いろんなことがあっという間に決まって、

8月の後半の平日、GさんとNと孫L、そしてNの彼Dとその子供2人、ビーチへ行き、Air BnBで一軒家を借り、7人で一泊することになった。ちなみに、Dの子供は9歳と3歳らしい。

一年ちょっと前まで超シングルママしてて、何をするでも娘と2人だったのに、半年前に彼氏ができて、娘と私かGさんと私という組み合わせだったのに、あっという間に家族が増えてグランマになったような、急に7人って。。。起こっていることが信じられない。

Gさん、4歳の孫がいるけど、一緒にお泊りしたことないらしい。

孫とお泊り、今回はGさんにとって初めてのこと。

GさんはNのお母さんと結婚してなく、ずっとシングル。

Nが大人になるまで人生にかかわってきたらしいけど、もうNも立派な大人なので、親子間に距離があると感じる。

家庭を持っていない男親ってそういうものなのかよくわからないけど。。。。。

Nのこともっと知りたいし、GさんにはNやLと一緒に時間をもっと過ごしてもらいたい。

元義理の両親が元旦那と家庭を持っていた時にしてくれたことを思い出す。

義理の両親には、貧乏だった息子夫婦を一緒に旅行に連れてってもらったし、食事もいつも支払ってくれたし、未熟な嫁だったのでいろんなものを先取り用意してくれた。本当によくしてもらいました。

私にとって、親としてのよいお手本です。

みならって、Nに接していきたい。

Nとのビーチ旅行、楽しんできます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
【関連する記事】
posted by 未来 at 09:52| Comment(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

近況報告

みなさん、お元気でしょうか?

コロナの感染者がすごく増えていますが、この生活はいつまで続くのでしょう。。。

ワクチンできたら以前のような生活に戻れるのかな?


私の仕事ですが、朝から出社し最近は定時に帰ってこれます。

会社はEssential Businessなのでオフィスで働く同僚みな、以前と変わらない勤務体制です。

今年の3月から社長の息子Mが入社し、私のボスとなった。

そして社内でいろんな改革をしている。

私が使い慣れていたソフトウエアを変えることになり、Mはエンジニアなのでいろいろ頑張ってくれた。

最近は、社長が資料が必要な時、直接部下のJさんのところへ行ってくれるから私は手を止めなくて済む。

お客へのEmailの返事は、もう一人の部下Rがしてくれるので、私は自分の仕事に集中できています。

昨年、2人の部下ができ仕事覚えくれたから、今は二人に助けられています。本当に感謝しています。


ボーイフレンドのGさんとも続いています。5か月経ちましたがいい関係です。

最近は、彼の家族に会いに行ってきた。Gさんの孫、4歳、すごくかわいかった。

一番緊張したのは、一人娘のNに会いに行ったとき。

GさんとNが主にキャッチアップしてて、私はあまり話してないけど、嫌われてはなかったかなと思うのでとりあえず良し。

彼のご両親にもあってきた。

トレーラーハウスに住んでいると聞いていたけど、想像を超えるほど時代がタイムスリップしたような貧しそうな暮らしだった。

お金がないからじゃなくて、よりよい生活を望んでいない、そう感じた。

正直ショックだった。


私の娘はまだ心の準備ができてないようでGさんに会っていません。

私がGさんのことを話すと聞きたくないと嫌がるけど、娘からたった一つGさんについて質問された。

それは、GさんがRepublicかDemocracyかってこと。

知りたいのはそこ?それだけ?

Gさんの合いかぎをもらっていて、私のは作ってなかったけど、最近は不便がでてきたので、合いかぎを作りました。

Fobなのでコピー作るのに100ドル、高い〜 



娘、2週間前までは新学期からドームに住むって決めていた。

2週間前、突然、ドームでルームメイトの予定だった友達とアパートに住もうと話し合っていると連絡が入り、あっという間に話が進み、その10日後には引っ越しとなりました。

大学の真ん前にある結構新しい家具付きの2BRのアパートに友達と住んでいます。

家賃は娘が自分で賄えるらしい。

大学でバイトしてて、奨学金が手元に残るのもあるので、それでやりくりできるらしい。

娘にFinancial Independenceになるからと言われた。

うれしいけど、なんだか少し悲しい。

もう少し頼ってもらってもいいんだけど。

頑張ってる娘を応援したくて、引っ越しに必要なシャワーカーテンなどを買ってあげ、家にある保存食を分けてあげた。

これからは、自炊しないといけないので、少しでも助けてあげたいとは思ってる。



仕事、恋愛、親子関係、すべてがうまくいっていて平穏に暮らせています。ありがたいことです。

問題なのは、食べすぎで体重が増えているということ。

健康には気を付けないといけませんね。

久々にファスティングを始めます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 12:00| Comment(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

Southern Gentleman

皆さん、お元気ですか?

少しずつですが、元の生活に戻りつつありますね。

TJMAXXへ行って買い物できるのがなんといってもうれしい。

たまたま探しものがあって、ROSSへ行ったら衣類が一点6ドル以内がほとんどで、かばんもすごく安くなってて、たくさん買い物しました。



さて、本題に戻りますが、ボーイフレンドのGさん、南部出身でお父さんから女性の扱いを学んで育ったらしく、とっても優しいです。

お父さんがお母さんにしていることを、育ってきた環境で学び、それを私にしてくれているらしい。

車やお店のドアはいつもあけてくれるし、重い荷物は持ってくれる、寒いとジャケットを貸してくれる、とにかく優しくしてくれる。

昔の彼氏や元夫に優しくされたことないので、Gさんのやさしさを直に受け取れません。

自分のことは自分でしてきたし、これからも自分のことは自分でしたいから、自分の荷物はなるべく自分で持って頼らないようにしていますが、そこはあまり良く思われてないらしい。

直に頼ってほしいんだろうけど、なかなか難しい。

甘えてしまうと、自分に甘くなってしまいそうで怖い。

ドアの開閉は最近やっと慣れてきて、あけてくれるのを予期できるから待つようになりました。

変わってしまう自分が嫌でもあるけど、少しは甘えてあげたほうがいいのかな、、、、

向こうはしたくてしてて、それを当たり前と思っているから、そこを拒否し続けられるのも嫌だろうな、とも思う。

呼び方も、名前ではなくBabyと呼ばれています。

私、まったくBabyって感じじゃないんだけど、今は好きなように呼んでもらっています。

名前で良くない?って思うんですけどね、、、、お父さんお母さんがお互い、名前では読んでなく愛称で呼んでいたからそうしたいらしい。

私にはまだ愛称で呼べない。名前で呼びたいからそうさせてもらっています。

朝食も、ベーコン、ソーセージ、エッグ系が好きで、カントリーな食事を好みます。

娘がマクドナルド好きじゃなかったからほとんど行かなかったけど、Gさんはマクドナルドへよく行くらしい。


Gさん、自分でSouthern Boyというぐらい、私も彼は南部で育った人なんだっていろんな場面で感じます。

お父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃん、おばさん、、、家族から学んだことをよく教えてくれる。



Gさんと一緒だと、いろんなことを二人の力で解決できるしより良くできる。

一緒に過ごせば過ごすほど、大事にされていると感じる。

でも、逆に私が私でなくなっていく気がする。

たくさんあった自分だけの時間が減った。

自分らしさを追求していたのに、生活が変わってしまって、もう自分らしくないんじゃないかと思える。

無理はしていないけど、変わっていく自分に不安を感じる。

幸せなのに、不安になるのは育った環境なのかなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

posted by 未来 at 11:31| Comment(2) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする