2017年09月14日

銀歯が取れました

夕食にカレーを食べていたら、奥の上の歯の銀歯が取れました。

ショック。。。これがハイチュウだともっとショック。

原因がハイチュウだと、食べるべきじゃなかったと後悔します(何度も経験あり)。

カレーだと、きっと他のものを食べていても取れたはず。。。仕方ないですよね。。。

早速、歯医者へ行ってきました。

取れた銀歯を付けてもらう、それだけを考えて行ってきました。

歯医者では、レントゲンを撮られました。なぜ?と思いつつされるがままに。

そしたら、その歯はルートカナルがされている歯で、上辺が虫歯になっているから少し削った方がいいと。

削ると取れた銀歯を付けてもらえなくなる。

削るとクラウンを作らないといけない。。。

悩んでいる私に、歯科医が「取れるに理由があるんだよ」と。

理由?カレーを食べたからじゃなくて?信じたくない!そんな心境でした。

そして、クラウンを作った場合の見積もりをくれました。

保険使って460ドル。

そんなつもりじゃなかったのに。。。

痛くない歯なのに、虫歯?

ここで銀歯をかぶせてしまっては、次は460ドルで収まらないことはわかる。

私は虫歯体質、ここ数年できなかったけど定期的に虫歯ができる方。

奥歯はほとんどを治療済みというほど虫歯が多かった。笑顔になると銀歯が光る。。。

あまり悩む時間もなく、仕方なく削ってもらうことにしました。

クラウンは2週間後にできるそうです。

460ドル。突然の出費。泣けます。。。



車もまだ修理が必要で。。。たまってもすぐお金がなくなる。。。

悲しい。。。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 10:44| Comment(2) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

初めての出張

仕事でニューオリンズへ行き、4泊5日してきました。

初めてのルイジアナ州、周りの人がニューオリンズを楽しんでおいでというので、一人だけどダウンタウンへ行ってきました。

Uberに乗るのは今回が初めて。Uberを呼ぶと5分以内に車が来てくれました。

アプリを見れば、運転手の名前と車種と色がわかるし、車がどこに居るのかわかるので、車が私の近くに止まったらこの車が私のUber運転というのがすぐわかりとても便利でした。

大学でUS Historyを取っていたけど、ニューオリンズの歴史をあまり覚えていなくて、なぜヨーロッパのような建物があるのか、なぜそのエリアをフレンチクオーターと呼ぶのか知らなかった。昔は、フランスの植民地だったようです。歴史をしっかり勉強してから観光するともっと楽しめたと思います。

New Orleans ダウンタウン

New Orleans 7.jpg


Jackson Square

New Orleans 2.jpg


Streetcar

New Orleans 3.jpg


The National WWII Museum

New Orleans 8.jpg


Mississippi River

New Orleans 5.jpg


レストランの前でジャズを演奏する人たち、外の席で食べている人たちはジャズを聴きながら食事ができ、うらやましい光景でした。至る所にアートがあり、街を散策するのが楽しかったです。

New Orleans 6.jpg

New Orleans 10.jpg

New Orleans 9.jpg


ニューオリンズで人気のオイスターレストラン、Acme Oyster Houseへ行ってきました。すごい人で1時間待ちだとか。持ち帰りしたいと伝えると、中に入れてもらえ列に並ばず注文できました。

New Orleans 11.jpg


生牡蠣は持ち帰りできないけど、フライした牡蠣なら持ち帰りOKだとか。このサブで20ドル、高いけどおいしかった。ニューオリンズに来て、シーフード食べれて満足しました。

New Orleans 1.jpg


ニューオリンズ、とても楽しかったです。今度行くなら、だれかと観光したい。バーへ行って一緒に夜を楽しみたい。



私がシングルマザーだと伝えると、多くの人から子供はどうしてるのか質問されました。元旦那にアパートに来てもらって娘を見てもらいました。元義母にも頼めたし友達の親にも頼めたけど、娘の希望でそうしました。元旦那といい関係を保てることができ助かっています。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 00:38| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

友達

私のアパート近くには、私が卒業した大学がある。

その大学は、数は少ないけど日本からも留学生や研究者がやってきます。

学生の時から、出逢いがあればできる限りのヘルプをしてきました。

日本からの研究者は企業からの人も大学からの人もいて、一年という期間の人がほとんどです。

昨年の今頃にその大学へ研究者として来た日本人女性、人づてで紹介を受けました。

彼女はアメリカで車を持たないこと、私のアパートと5分先という近さのため、食料買い出しやウォーキングへ行くときは誘うようにしてきました。

年齢が近いこと、話しやすい方のため、ウォーキングしている間はたくさん話しました。一週間に一度は会っていたと思います。

一緒にボラティアしたり、地元のイベントへ参加したり、カヤックをしたり、私の友達を紹介して女4人で仲良くなれたこと、みんなでミュージカル鑑賞にも行けてたくさん思い出ができました。

彼女のおかげで、彼女に出会ってから私の生活は活動的になった。私らしくないとおもいつつ、流れに任せていた。

その彼女もとうとう日本へ帰ってしまう。

寂しくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
posted by 未来 at 09:23| Comment(0) | 未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする